パパ活を行うときのメール(メッセージ)のコツ

パパ活うまくいってますか?

パパ活を始めたはいいけど、実際にどんなメールを送っていいのか分からない。どんなメールのやり取りをしてパパになってもらうの?

パパ活をしている女性の中には、こんな風に悩んでいる人が少なくありません。

パパ候補に送るメールは普通のメールとは違いますので、パパ活を成功させるためのポイントやコツを抑えていないと、いつまで経っても素敵なパパと出会うことはできません。

このページでは、パパ活初心者、パパ活がうまくいっていない女性のために、稼げるパパ活のメールのコツを紹介していきます。

集まったメールを見極める

パパ活のためにコミュニティサイトや出会い系サイトに登録をすると、自分の想像以上にたくさんのメッセージが来て驚くかもしれません。

新規登録者は検索結果でも上位に表示されるサイトが多いので、男性の目に留まりやすいこともありますが、やはりパパ活が注目されているのが大きな理由でしょう。

しかし受け取ったメール全てに返事をしていてはキリがありませんので、効率良くパパを見つけるためには集まったメールを見極めて、返すメールと返さないメールを区別していく必要があります。

返すメール

きちんと自己紹介をしてくれる、ごくごく普通のメール。誘い方も「仲良くなったら食事でも行きましょう」程度で、心の余裕が感じられる場合は懐にも余裕がある場合がほとんど。

金銭のやり取りが発生しない日常会話は面倒くさいようと感じるかもかもしれませんが、パパ活の成功はパパとの信頼関係にかかっていますから、後々の高収入のために丁寧なメールでパパに気に入られるように頑張りしましょう。

返さないメール

初回メールでメールアドレスやLINEを聞いてくる男性は、ガツガツしていてお金がない可能性が大なので、パパ候補から外しましょう。会うことをしつこく催促してくる男も同様です。

また「パパになりたい」「愛人になりませんか」など直接的に誘ってくる場合は、セックス有の関係を求めている場合がほとんどですから気をつけてください。

メールの時点で確認しておくこと

パパ活でスムーズにパパを見つける人もいれば、素敵なパパにめぐり合うまでに時間がかかる人もいます。

なかなかこれぞというパパに出会えない期間が続くと、とにかく誰でもいいからパパになってもらおうと焦る人もいるようです。

しかし焦っているからといって、注意点や確認事項を飛ばして話を進めてしまうと、後々トラブルとして自分に跳ね返ってくる可能性があります。

パパ候補と会う約束をするときには、メールの時点で最低限のことは確認しておくことが大切です。

パパ活をする理由は、ほとんどの女性が「お金のため」でしょう。

しかし初対面の相手とお金の交渉をするのは簡単ではありませんし、お金の話を切り出すことさえ難しいことがほとんどです。

ですので、メールの時点で「食事やショッピングのみでも可能か」「体の関係だとどれくらいもらえるのか」といったことをやんわりと聞いてみることをおすすめします。

ここで「とにかく会おう」「お金ないけど遊ぼう」などと、こちらの話をスルーされる場合は、パパ候補から外したほうがいいでしょう。

メールが途絶えてしまう理由

パパ活を始めたら、できるだけ早くパパが欲しいですよね。しかし焦るあまり最初から「パパに求める条件」を提示してしまうと、メールが途絶える可能性が高くなります。

それではここで、パパになる男性の心理を考えてみましょう。

パパがパパ活に求めるものとは何でしょうか?

それはズバリ、日常では味わうことのできない刺激や癒しです。

仕事の重圧や家庭のストレスに耐えながら忙しい毎日を過ごし、生きがいを感じながらもどこか寂しさを感じているパパ候補の裕福層たち。

普段出会えないような女性と出会い、刺激かつ癒しのひと時を過ごせたらどんなに楽しいだろう…そんな期待をしてサイトに登録してきます。

そんな男性に「月2回食事のみの関係でお小遣いをくれるパパ募集してます」と条件を突きつけてしまうと、とたんにシラけてしまいます。

違う例で考えてみましょう。

例えば知らない人に「お金欲しいので500円ください」と言われてもあげる人はいないと思いますが、虐待された動物を保護しているボランティアの団体が、一生懸命に治療費の寄付を募っている場合は、500円とはいわず1000円だって寄付したくなると思います。

パパ活も同じで、見知らぬ相手に理由もなくお金をあげたい男性はおらず、夢や目標など何かしらに向かって頑張っている相手に対してサポートしたいと思うものなのです。

好感度の上がるメールテク

いくらパパ候補の男性とメールをしたからといって、そこから確実にパパになってくれるとは限りません。

話していくうえでお互いの条件が合わないかもしれませんし、ライバルの存在もありますので、メールはただなんとなく送るのではなく、常に気に入られるように意識しておく必要があります

最優先事項は仲良くなること

メールを始めたばかりの頃は、とにかく仲良くなることが大切です。仲良くもなっていないのに条件や金額の話をすると「がめつい子だな」と思われてメールが途絶えてしまいます。

サポートは具体的にいくら欲しいと伝えるのではなく、「余裕のある男性とデートしたい」くらいの湾曲表現にとどめておきましょう。

パパ活の目的はもちろんお小遣いやサポートですが、あえてこの話をしないことで好感度が上がり、パパ活成功にグッと近づきます。

話す3割・聞く7割

パパ候補に気に入られたいと思うあまり、自分のことばかりあれこれ話していませんか?

人は誰でも自分の話を聞いてもらいたいものですし、自分のことを話している時間はとても短く感じます。

というのもそれだけ満足した時間を過ごせているということで、そんな楽しい時間を過ごした(話を聞いてくれた)あなたに対して好感を持つようになるのです。

パパ候補に気に入られるためには、自分が話すのは多くても3割程度にとどめて、話を聞くのが7割くらいにするといいでしょう。

スムーズに交渉を行うコツ

パパ活を行うときに、サイトのメールで絶対にしてはいけないことがあります。

それは、金額の交渉をサイトで行ってはいけないということです。

サイト上でこうした具体的な話をすると、そのメールや書き込みはサイト側に削除されてしまいます。

ですのである程度サイトでやり取りをして、いいなと思った相手にのみ個人メールアドレスやLINEを交換し、少しずつデートの内容やこちらの希望などを出していくのがいいでしょう。

しかしここで「食事に行ったらいくらくれますか?」なんていう直接的な聞き方はもちろんNG。

サイト上で知り合う男性は少なからず「食事やデートをするイコールお小遣いをあげる」という認識はありますので、スムーズに交渉を行うためには、最初の段階から「切り詰めて生活をしている」「夢を追いかけているけど学校でお金がかかる」など、同情を誘う言葉をチラつかせておくのがポイントです。

また最初から大きな金額を提示してしまうと、パパ候補が引いてしまいますから、「今月の食費がどうしても足りなくて…5000円でもいいからお小遣いをもらえたら嬉しいです」くらいに控えめに言っておけば、当日に1~3万円ほどもらえることもあります。

さいごに

パパ活を行うときのメールは、慣れも重要です。

恥ずかしがってなかなかメッセージを送れずにいるよりも、多少失敗しても次々にメールを送るほうが、素敵なパパと出会える確率が高くなります。

ただやみくもにメール全てに返信したり、仲良くなってもいないのに交渉に入ったりすると失敗してしまいます。

このページで紹介したコツを確認しながら気になる男性にメールを送ってみてくださいね。