安全なパパの探し方のコツ|危険なパパ募集は避けて

  • 水商売は嫌だけど、もっとお金が欲しい
  • あとちょっとでいいから生活を楽にしたい
  • 海外旅行に行ったりブランド品を買ったりしたい

そんなあなたのプチ贅沢を叶えてくれるのが、巷で話題のパパ活です。

パパ活と一言で言っても、会うたびに1~3万円のお小遣いをもらうプチパパ活から、毎月50~100万円をサポートしてくれるゴージャスパパまでさまざまですが、こんなに楽に稼げると安全性が気になりますよね。

パパ活自体は違法でも怪しいものでもありませんが、どんなことにも危険がつきまとうように、パパ活を狙った詐欺やトラブルがあるのも事実。

このページでは、実際にある危険なパパ活の事例を紹介しながら、安全なパパ探しのコツを解説していきます。

パパ探しを安全に行うコツ

お金持ちで、経済力があって、なんでも買ってくれて、優しくて、紳士的で、余裕があって…。

そんな非の打ち所のない、パーフェクトなパパが欲しいですよね。

しかし、パパ候補の中にはお金持ちのフリをして、女性を騙そうと考えている危険な偽パパも存在しますので、パパ探しの際には十分気をつける必要があります。

こうした危険な偽パパを避けながら、パパ探しを安全に行うコツとはどのようなものなのでしょうか?

パパ活のパパ探しの場として、キャバクラやクラブ、風俗などの水商売系のお仕事が紹介されることがあります。

ナイトワークで働く女性は外見が派手で煌びやかなイメージがありますので、「愛人」にはピッタリかもしれませんが、パパ活と愛人はイコールではありません。

パパ候補の男性は資産家だったり社会的地位が高いことが多く、プライベートが世間に知れたらスキャンダルになるような有名人もいます。

芸能人やスポーツ選手、政治家などを見れば分かりますが、芸能人や有名人のプライベートはベールに包まれており、一般人は知る由もありません。

ちょっと飲みに行けば記者に追い回され、週刊誌にあることないことを書かれますので、有名人をはじめとする裕福層の男性は秘密主義であることがほとんどです。

そのような男性が身バレ危険性の高い場所で「パパ活」をするでしょうか?

答えは「NO」。キャバクラやクラブ、風俗などの水商売系のお店は直接顔を見て交渉できるぶん、危険なパパを早い段階で回避することはできますが、あなたが思い描いているようなリッチで素敵なパパにめぐり合える可能性は低いでしょう。

水商売に入れあげる男性の多くは「この女を落としたい」と思ってお店に通いますので、「パパになってあげる」と言葉巧みに女性を誘い、一回お店の外でデートをしたらそれで満足して捨てられる可能性が高いのです。

またこうしたお店はお客さんの売り上げで売り上げが成り立っていますので、店側は働いている女性とお客さんがお店を介さずに会ったり、付き合ったりすることを禁止しているところがほとんどです。(同伴やアフターは除く)

万が一他のホステスや黒服などにお客さんとのパパ活がバレてしまえば、厳重注意、減給、イジメ、嫌がらせなどの可能性があり、最悪の場合クビになることも考えられます。

水商売系のお店はパパ候補の男性と次々に出会うことができますが、お店が絡むと色々と面倒なことに巻き込まれてしまうのは避けられません。

たった一回お店でパパ活を行っただけで、仕事を失ったり職場でいじめられたら元も子もありませんので、精神的にも肉体的にも楽な方法でパパ探しすることをおすすめします。

パパ探しなら完全会員制のサイト

それでは安全にパパ探しをするためにはどうしたらいいのでしょうか?

最も手軽で確実な道は、インターネットで探すことでしょう。

ネット上には色んなパパ活のウェブサイトサイトや掲示板がありますが、そのほとんどは乱立しているだけで管理人もおらず、安全なものであるとは言えません。

管理人がいないということは、パパ詐欺や偽パパも簡単に潜り込めてしまいますから、危険なトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

安全なパパ探しをしたいなら、年齢認証をきちんと行っている完全会員制のサイトがおすすめです。

法律に基づいた入会審査を行い、有人によるパトロール管理が行われている優良サイトであれば、トラブルに遭遇する確率も低く、万が一のときもしっかり対応してもらうことができます。

そしてパパ活を成功させるために最も重要なのは、サイトの選び方です。

ここを間違えてしまうとパパ活自体が失敗してしまいますから、一番慎重にならなければいけません。

パパ活をするサイトを選ぶコツは、以下の3つが揃っていること。

  • 登録者・利用者が多い
  • 女性は無料・男性は有料
  • 年齢認証を行っている

出会い系マッチングサイトのパイオニアであるPCMAXはこれらの条件を全て満たしており、10年以上の運営歴と厳重な個人情報保護体制でパパになりたい男性からの信頼も厚く、パパ活にピッタリのサイトです。

反対に絶対おすすめしないのは、SNSや無料出会い系サイトを利用したパパ活です。

こうした無料のツールは利用にお金がかからないため、タダマン(タダでセックスすること)やオフパコ(ネットで知り合った相手と直接会ってセックスすること)狙いのガツガツした貧乏男性がひしめいており、パパになってくれるような紳士は存在しません。

お金をケチって無料で会おうとする男性がリッチであるはずありませんから、無料サイトはパパ探しには利用しないほうがいいでしょう。

危険なパパの見分け方

  • 「初めて会ったけど、いい人そうだし優しそう。この人なら信用できるかも…」

そんなあなたは要注意です。

人は見かけによらないという言葉の通り、どんなに第一印象が良くても、本当に信用できる人なのかどうかは分かりません。

危険なパパの見分け方にはいくつかのチェックポイントがありますので、パパを見極める参考にしてください。

初対面で電話番号や住所などを聞いてくる

自己紹介は必要不可欠ですが、パパ活の初顔合わせにおいて、電話番号や住所などの個人情報は必要ありません。

仲良くなっていけば連絡を取り合うために電話番号は必要になるかもしれませんが、通常は名前(ニックネーム可)と連絡先(メールアドレスやLINE)、年齢、職業、住んでいる大体の地域(市や区の情報程度で十分)さえ分かれば十分です。

初対面はお互いのフィーリングを確かめ合うことが目的なのに、必要以上の個人情報を欲しがる場合はいたずらの可能性が強いです。

金額をはっきりと言わない

パパ候補との最初の顔合わせは、お互いの相性を確認したり、条件などを話すことが目的なので、初回では交通費程度でほとんどお金をもらうことができません。

しかし通常はパパの希望の金額や会いたい頻度、またどんなお付き合いをしたいか具体的な話し合いがあります。

それなのに、こちらが聞いてもはっきりした金額を言わなかったり曖昧にされた場合は、偽パパによるパパ詐欺、もしくは危険なパパである可能性があります。

パパ活初心者の場合は「会ったときに決める」「お金の話は後で。ちゃんと渡すから」などと言われると、強く言えず相手の言いなりになってしまうことがありますが、トラブルを回避するためにもこういうパパは止めたほうがいいでしょう。

パパ探しの効率の上げ方

パパ探しの近道は信用できる会員制サイトに登録することですが、ただやみくもにパパを探したところで簡単には見つかりません。

パパ活を成功させるためには、「攻めすぎ」ても「待ちすぎ」てもダメ。

ではどうしたらいいかと言うと、「的確に攻めて準備万端で待つ」のが正解なのです。

的確に攻める

最短で条件の良いパパをゲットするためには、対象の男性のリサーチが不可欠です。

例えばプロフィールに「会社員」「サラリーマン」などと記載している場合は平凡なサラリーマンであることが多く、とてもパパとして付き合える相手ではありません。

パパ候補となる男性は、

  • 社長
  • 役員
  • 経営者
  • 企業家
  • 医師
  • 弁護士

などですから、職業が会社員やアルバイトの男性は対象から外しましょう。

また年収は最低でも1000万円以上の男性のみに絞ってアプローチをすると、効率良くパパ探しができます。

パパ候補を間違えるとサポートしてくれないだけでなく、ガツガツした男と無駄な時間を過ごす羽目になってしまいますから、会う前までのやり取りでも趣味や普段の生活などもこっそり探りを入れることをおすすめします。

準備万端で待つ

一般的なコミュニティサイトや出会い系サイトでは、男性会員数が女性会員数を上回っています。

しかしパパ活においてはその逆で、パパの数よりもパパを探している女性の数のほうが多いのです。

誰だってリッチなパパからサポートを受けたいと思っていますので、当然といえば当然でしょう。

そのためパパ候補が集まるサイトのプロフィールや掲示板では、ライバルに勝ち抜くために、自分をしっかりと売り込む必要があります。

丁寧な言葉遣いできちんと自己紹介をし、好きなことや目標など、頑張っていることを分かりやすく記載しましょう。

写メは納得がいくまで何度も撮りなおし、アプリで綺麗に加工するのも重要です。

人間中身ですが、すっぴんでボサボサ頭の生活観漂う女性より、きちんとメイクをして清潔感あふれる印象の女性が好まれるのはごく自然なこと。

よりいいパパにめぐり合うためには、身だしなみに気を使って、女性らしく出来るだけ綺麗な格好で写るようにしましょう。

さいごに

理想の恋人がなかなか見つからないのと同じで、パパ活も「これだ!」と思う完璧なパパはそう簡単には見つかりません。

しかし早くパパが欲しいからといって適当にパパを決めてしまうと、後々トラブルに巻き込まれたり、「こんなはずじゃなかった…」ということになりかねません。

パパ活を成功させるためには、安全なパパ探しで慎重に相手を見極めること。焦らず地道に探していけば、きっと自分にピッタリのパパに出会うことができるでしょう。